1. 無料アクセス解析
プライムローン,信用不安,大恐慌

プライムローン,信用不安,大恐慌のページを説明

スポンサードリンク
新着記事一覧
*************************************
プロの投資家に学ぶ、勝ち残りのテクニック
プロのトレード情報をリアルタイムに観覧出来る!!
【無料】あなたの銘柄が危ない!無料の銘柄診断で早期対策を
ズバリ儲けながら覚えるシステムトレード入門
話題のDTレポート。月28900円で目標リターン:月間250%
10年間連続で毎年資産倍増の秘術
★★Special Thanks★★
幸せな赤ちゃんの名前
2ch検索−掲示板の話題を転職に活かす
裏・高収入アルバイト情報局
開発現場のWindows/MS製品の小技・裏技
ランク王国
投資事業の始め方
株式投資入門・注目銘柄
子どもと生活の保険情報
勝手に映画と音楽評論
システム開発技術者の教訓・ノウハウ
*************************************

プライムローン,信用不安,大恐慌

私も大きな痛手を受けましたが、サブプライム問題が長期化し、世界的な株式市場の冷え込みに波及しています。

日本の国内で金融機関が保有しているサブプライムローンは1兆3000億円程度。

サブプライムローン全体の残高は150兆円程度ですから、日本の金融機関の保有割合は1%と多くありません。

この割合にも関わらず、日経平均を4000円程度も下落させる破壊力はすさまじいものがあります。

サブプライムローンは信用力の低い方向けのローンなのですが、より怖いのは、高い信用力を持つ方向けのローンであるプライムローンです。

プライムローンの証券が値を下げる前兆が見え隠れし、一部では懸念されています。

プライムローンやその他の信用力が高い方向けのローン関連の金融商品を、サブプライムローンとは違い、日本の金融機関は大量に保有しています。

米国の住宅ローン残高は1100兆円程度ですから、サブプライムローンの残高を引いた950兆円規模の金融商品を大量保有しているわけです。

ここが弾けたら現状目の当たりにしている世界規模の株安の何倍もの下落が確実に世界的に波及すると思います。

まずはサブプライム問題がどのような形で終息に向かうのかが注目されます。

スポンサードリンク

株式投資入門&注目銘柄のプライムローン,信用不安,大恐慌のリンクについて

株式投資入門&注目銘柄のプライムローン,信用不安,大恐慌のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。