1. 無料アクセス解析
相場,種類

相場,種類のページを説明

スポンサードリンク
新着記事一覧
*************************************
プロの投資家に学ぶ、勝ち残りのテクニック
プロのトレード情報をリアルタイムに観覧出来る!!
【無料】あなたの銘柄が危ない!無料の銘柄診断で早期対策を
ズバリ儲けながら覚えるシステムトレード入門
話題のDTレポート。月28900円で目標リターン:月間250%
10年間連続で毎年資産倍増の秘術
★★Special Thanks★★
幸せな赤ちゃんの名前
2ch検索−掲示板の話題を転職に活かす
裏・高収入アルバイト情報局
開発現場のWindows/MS製品の小技・裏技
ランク王国
投資事業の始め方
株式投資入門・注目銘柄
子どもと生活の保険情報
勝手に映画と音楽評論
システム開発技術者の教訓・ノウハウ
*************************************

相場,種類

既に株式相場は体験しましたか?もう体験した方も、まだの方も相場の種類について知りましょう。

相場には種類があります。日経新聞等、新聞を読んでいたり、ニュース等を聞いていると、「日経平均株価xxxxx円割れ!」や、「XXX相場堅調!」のような見出しを
ご覧になられた事があるでしょう。


こうした、特定の銘柄に限らない、銘柄群を一くくりにして、現在の株式がどのように売買されているか(される傾向にあるか)が、
注目される事が多々ございます。


株式の売り注文と買い注文によって、相場は形成されているわけですが、その性質によって、以下のように呼ばれる事があります。

代表的な相場の種類について、ご紹介致します。


 ・上昇(上げ)相場

  → どの銘柄も非常に力強い右肩上がりの伸びを示しているような相場です。

 ・下降(下げ)相場

  → こちらは逆に、どの銘柄も力がなく、右肩下がりとなってしまっているような弱い相場です。

 ・二極化相場

  → 強い(注目されている)銘柄群と、弱い(注目されない)銘柄群がくっきりとわかれてしまっているような相場です。

 ・地相場

  → 評価されるべき銘柄が評価され、評価されなくて当然の銘柄が評価されない、のような、

    本来の実力が正当に評価されている相場です。

 ・ボックス相場

 ・往来相場

  → 株価がある一定の範囲内で行ったり来たりのような相場です。

    非常に値動きが読み易いので、コツコツ利食いをするのに向いている相場と言えます。

 ・モチツキ相場

  → 外国人投資家や機関投資家の手仕舞いシーズンのため、年末には相場が乱高下する傾向にあります。

 ・決算相場

  → (株主優待等の)株主の権利確定時期のため、人気のある銘柄は高騰したりします。

    決算期には既に株価は前もってその時の業績は折り込み済みのケースが多いため、

    あまり値動きはありませんが、一転して黒字や、一転して赤字等、インパクトの大きい材料が

    出た際には株価は大きく変動します。

スポンサードリンク

株式投資入門&注目銘柄の相場,種類のリンクについて

株式投資入門&注目銘柄の相場,種類のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。